効果的な学習方法

目[リーディング]

リーディングには、音読と黙読があります。

音読にお薦めなのは、英会話のスクリプトです。
視聴無料の「ダンとルリ子のアースメートトーク」を使ってみて下さい。この放送局では、最新のシリコンバレー情報やアメリカのニュース、そして現地の日本人の様子をネイティブが日常使う慣用句を使い、ネイティブの話すスピードで話しています。
一度音読をしたら今度は、実際の音声に合わせてもう一度話せるようにがんばってみましょう。

また黙読にお薦めなのは比較的アカデミックな素材や情報を得る為に読む英字新聞などです。理由は、簡単で黙読の方が音読より数倍も早く読み終わるからです。

それではリーディングの基本を紹介しましょう。
基本は、リスニングと同じで左から右へ語順どおりに読みます。学校英語では、後から前へ逆戻りに訳しなさいと習った方もいるかも知れませんが、それは混乱を招くばかりではなく読む速度が遅くなるので非効率的です。速読の妨げにもなりますのでやめましょう。

まずは比較的簡単な文章を数多く読みましょう。English Vitamin の教材は、アカデミックなテーマの教材を除き、ほとんどが簡単な英語、つまりネイティブが日常使う言葉で構成されています。

その際には、単語単位で読むのではなく英語の塊、つまりフレーズ(句と言い、文を構成する単位で主語と述語がない語群)や、クローズ(節と言い、主語と述語がある語群)の単位で追って行きましょう。

この文章を使って見てみましょう。
The last evening of the freedom vote, I told George and Doris that I planned to leave the project for a while.

The last evening of the freedom vote は「フレーズ」、
I told George and Doris は「クローズ」です。

そしてエッセイには、1段落には必ず1つのメッセージという原則があります。そこで筆者が何を言いたいのかを考えながら読んでいけば良いのです。
英語は、一番伝えたい事を先に伝達する言語なので各段落の初めの文章は大切です。「アテンショングラバー」と言って読み手の気を引き付けることができないと読み手が飽きてしまい読まなくなるので書くほうも必死なのです。


back  next