Online -English Vitamin Online Lesson-

1 on 1 Lesson Features : 1on1レッスンの特徴

レッスン対象者

■専門英語オンラインコース1
技術系研究成果投稿論文 コース詳細はこちらから

専属アメリカ人講師・専属日本人トレーナー付き

技術系研究結果を論文にまとめ投稿したいエンジニアのみなさんに最適なレッスンです。
英語圏の人達が何を頼りにして文章を理解し読み取るのか、いかに情報を与えると研究の意図が伝わりやすいのか、論点を効果的に伝える文章構成を実際にあなたの論文を添削しながらトレーニングしていくコースです。


■専門英語オンラインコース2
アメリカ名門・有名校・大学院Application Essay コース詳細はこちらから

専属アメリカ人講師・専属日本人トレーナー付き

アメリカの有名校に入学されたいかた向けのレッスンです。
アメリカの有名校に入学することの出来る人は明確な将来のビジョンを持ち自分の力で人生を切り開いていこうとしている人々です。 生徒さんの熱い思いを感じ最大限にそれを表現できるようなエッセイを書くことのできる力を養うコースです。


■専門英語オンラインコース3
アメリカ留学・駐在準備「アメリカ式:好感度を高める意見交換と効果的な議論の進め方を学び信頼関係の築き方を学ぶ」 コース詳細はこちらから

専属アメリカ人講師・専属日本人トレーナー付き

アメリカ到着後すぐに赴任先の職場や大学院での環境でご自身の力を発揮したいかた向けのレッスンです。
驚くほど多くの方が日本である程度TOIECの点数を取りアメリカ現地に行けば英語や現地の文化には自然に馴染めるだろうと思われています。 これは妄想です。渡米前の準備があなたの限られたアメリカ生活を豊かにします。準備をすることで多くの友人を得ることも可能です。実りの多い駐在生活にするためには相手国の社会文化そして政治経済を事前に学ぶことが大切です。


レッスンの特長

■専門英語オンラインコース1
技術系研究成果投稿論文

イングリッシュビタミンでは2003年の開校当時から多くの技術系駐在員をサポートしてまいりました。

日本人の研究者が研究成果をまとめた論文を日本語発想の英語でそのまま提出すると研究結果の意図が正確に伝わらず不採用になることが多くあります。それは技術者や研究者にとっては大変辛いことです。

意図が伝わる英文論文を仕上げることは至難の業です。しかし将来グローバルなステージで活躍をするには避けられない部分でもあります。
英語圏の人達が何を頼りにして文章を理解し読み取るのか、いかに情報を与えると研究の意図が伝わりやすいのか、論点を効果的に伝える文章構成を実際にあなたの論文を添削しながらトレーニングしていくコースです。


■専門英語オンラインコース2
アメリカ名門・有名校・大学院Application Essay

アメリカの大学院に進学される方のアプリケーションエッセイ作成のお手伝いもします。成績が良いだけでは名門校には入学することが出来ません。アメリカエリートの発想を伝授しながらレッスンを進めていきます。

アメリカの有名校に入学することの出来る人は明確な将来のビジョンを持ち自分の力で人生を切り開いていこうとしている人々です。
学校の成績が良いだけではアメリカの有名校には入ることが出来ません。学校以外での活動も重要視され受験する本人が何をどういう考えを持って自分の人生を生きているかを細かくチェックされます。

アメリカでは一度社会に出て数年働いた後に大学院に戻る人が多くいます。社会で学んだことが自分にどのようなインパクトを与えそれが将来自分の歩む道にどう影響するか、また特定の学校のプログラムを受験しそこで学ぶ機会を得ることによりどのような将来が切り開けるかを、ユニークに描写しなぜ今自分が大学院に戻りたいかを熱く語り自分自身を売り込む力が必要となります。
生徒さんの熱い思いを感じ最大限にそれを表現できるようなエッセイを書くことのできる力を養うコースです。


■専門英語オンラインコース3
アメリカ留学・駐在準備「アメリカ式:好感度を高める意見交換と効果的な議論の進め方を学び信頼関係の築き方を学ぶ」

アメリカ式の率直な意見交換と議論の進め方を体系的レッスンで進めていきます。
アメリカ生活の中で大切なのは、一個人としての意見を持つという事です。会社に付属している一員ではなく個人を一単位で評価するアメリカ社会で認められるには、デスカッションスキルを伸ばすことが不可欠です。それが良い人間関係を構築することを助けます。そしてそれが信頼関係に発展していきます。


講師について

イングリッシュビタミンでは以下のような厳しい基準を設け、講師を採用しております。

■講師の条件

・アカデミック系担当講師:将来アメリカの大学や大学院に留学を予定している方に最適です。担当講師は、名門大学の優秀な大学生、大学院生、アメリカで修士号以上を持たれている先生を採用しています。アメリカでは、修士号以上を持っていればコミュニティカレッジで教える事が出来ます。

・ビジネス系担当講師:主に現役のアメリカ人ビジネスマンを採用しています。異文化に興味があり実践の業務で3年以上国際業務に携わっている忍耐強い先生を採用しています。

・日常会話系担当講師:優秀な大学院生、又はCBEST(California Basic Education Skills Test)つまりカリフォルニア州公認の幼稚園から高校まで教える資格のある先生を採用しています。アメリカ人の子供が学ぶ基礎英語をきちんと教えられる先生を採用します。アメリカ人の小学校四年生の総合英語理解力は日本の英検1級者合格レベルより上です。

・帰国子女(小学生〜高校生)担当講師: CBEST(California Basic Education Skills Test)つまりカリフォルニア州公認の幼稚園から高校まで教える資格のある先生を採用します。アメリカ人の子供が学ぶ基礎英語をきちんと教えられる先生を採用します。アメリカ人の小学校四年生の総合英語理解力は日本の英検1級者合格レベルより上です。


■講師の採用基準

・性格と経験を重視する。
・明るい人(※暗い人は絶対採用しません)。
・教える事に喜びを感じている人。
・生徒の忙しいスケージュールにフレキシブルに対応できる先生。
・外国に住んだ経験や外国語が話せる先生。言語を学ぶ苦労がわかり生徒の立場を理解できる先生。
・アメリカ人のネイティブの先生。


■講師の採用過程

必要に応じて公募。
一次選考:100通以上のレジュメの中から5〜10名選任する。
二次選考:一次審査を通った先生に電話インタビューをする。
三次選考:個人面接をする。
四次選考:トライアルレッスンを実施。
採用決定:3名くらいが採用される。