シリコンバレーの起業家インタビュー
「外村 仁」氏 編

Part3『プライベートについて』

← Part1『アメリカでの起業で大切なこと』へ
← Part2『SVJENについて』へ

【1】子供の頃からの夢は何でしたか?

 やはり技術系に興味がありました。機械工作の技師ではなくエレクトロニクスの方に興味がありました。小学校5年生の時にアマチュア無線の免許を取りました。

【2】これから海外へMBAを取得に行こうと考えている方も多いのですが、外村さんはスイスのIMD(※3)でMBAを取得されましたが、何が人生の得になりましたか?

 アカデミックが3分の1、そこで培ったネットワークが3分の1、そこの国の文化や言語を学ぶのが3分の1。そして私が学んだスイスのIMDの場合は、1クラスに40ケ国くらいの生徒が学んでいるので、日本でしか暮したことがなかった私が、色々な国々からの生徒達と1年間みっちり一緒に生活し学ぶということは素晴らしい体験でした。とにかくMBAは人生を豊かにしてくれました

【3】どんなことに対して情熱を感じますか?

 何か新しい事が好きですね。旅行でも創作物でも何でも良いのですが。何か面白い事に興味があります。何かを調べて自分のアイデアプランを作り、成し遂げる事が好きです。それが料理かもしれませんし、ガラパゴス諸島に行ってカメと握手してくる事かもしれません。

【4】今までの人生の中で栄光を感じた瞬間を教えて下さい。仕事面とプライベートからお願いします。

 ごく最近の例で言えば、小さな栄光ですが、去る1月23日に主催した知的財産のセミナーがとても良かったです。内容も良く話も楽しく参加者の皆さんにも大変好評でした。知的財産に関する日本での第一人者の玉井克哉東京大学教授および、米国・国際知的財産法を専門とするシュグルーマイアンのアラン・キャスパー弁護士をスピーカーとしてお迎えしました。このセミナーを行なうために知的財産の事を色々調べ、日本に行き、知財の本を書いている人達に会って、本当に一番知財の事を分かっている人は誰かを聞きだし、色々なコネクションから玉井先生にお願いをして、こちらに来て頂きました。日米の知財のトップを招きました。とても分かり易いセミナーで参加者の方々も皆感激していました。

 個人的には、仲の良いエクステンドファミリーが形成出来たことですね。例えば、今はうちの奥さんの親が訪ねて来ていたり、彼女の姉がシリコンバレーに住んでいて、彼女の旦那さん(アメリカ人)の両親が私の事をオーナリーサン(名誉息子)と読んでくれたりしています。それで皆でハワイに行って一軒屋を借りてワイワイ楽しんでいます。結婚して以来、定期的に両方の家族で一緒にタイやハワイに旅行しています。数を重ねる度に人数が増えてきて非常に楽しいです。

【5】成功の定義とは、何ですか?

 家族、友達が健康で幸せなことが一番大切です。お金は、困っていない程度持っていればいいのです。大金持ちである必要はないのですが経済的にも少しプラスな事も大切です。例えばハワイに行きたい時に行けるとかですね。それで、たまには美味しいものを食べてですね。その中で自分の好きな事が出来て、夢が実現出来れば、こんなすばらしい事はありません。

← Part2『SVJEN(シリコンバレー日本人起業家ネットワーク)について』

2005年4月22日更新

外村 仁 プロフィール

現在は、generic media(※1)に続いて起業した会社First Compass Group の General Partner。現在、ハイテクやバイオのいくつかの分野でコンサル活動を行うと同時に、新製品の研究開発も同時進行中。内容は、まだステルスモードなので話せないそう。
またシリコンバレーの日本人起業家同士がお互いを助け合うことを目的として2002年に発足されたSVJEN(※2)でも活躍中。

日本では、東京大学工学部卒業後、ベイン・アンド・カンパニーという米国の4大コンサルティング会社の一つに就職。コンサルタントとして経験を積んだ後、実務的な仕事を求め、アップル社への転職。

アップルコンピューター株式会社では、ビジネスデベロップメントおよびマーケティングの職を歴任。後年はマーケティング本部副本部長として、新規市場開発、マーケティングコミュニケーション、Mac OS プロダクトマーケティングなどを担当した。藤井フミヤや筒井康隆を起用した一連のCM・プロモーションでは、日経広告大賞を受賞。

東京大学工学部卒
IMD(※3)でMBA取得


語句解説

※1: generic media
2000年春、アメリカ人と香港人のエンジニアとともに、革新的なストリーミング配信の技術とサービスを構築すべくGeneric Mediaを創業。同年夏には、Mobius Venture Capital、Sony、NTTリース社から併せて$12Mの資金を調達し、翌年2月のDemoにて、Generic Media Publishing Service (GMPS)を発表。フォーマットや帯域幅を問わずダイナミックに動画を変換して配信する世界初のシステムで一躍注目を浴びた。

※2: SVJEN
Silicon Valley Japanese Entrepreneur Network(シリコンバレー日本人起業家ネットワーク)。くわしくはSVJENのサイトをご覧下さい。

※3: IMD
スイスのローザンヌに位置する世界的なビジネススクール

※4: ベンチャーキャピタリスト
キャピタルゲイン益を得るために、ベンチャー企業に資金を供給する投資家。ベンチャー企業経営にも大きな影響力を持つ場合が多い。

※5: 八巻ルリ子
English Vitamin Inc. 代表。今回のインタビュアー。詳しいプロフィールはこちら


close